2013年10月09日

(まちの埋蔵文化人)鍛えたその腕前、あふれる音色 西尾浩幸さん

(まちの埋蔵文化人)鍛えたその腕前、あふれる音色 西尾浩幸さん 【大阪】
    2013年10月02日 大阪 夕刊 夕刊be水曜5面
  http://digital.asahi.com/article_search/detail.html?keyword=%A4%DE%A4%C1%A4%CE%CB%E4%C2%A2%CA%B8%B2%BD%BF%CD&searchcategory=2&from=&to=&MN=default&inf=&sup=&page=1&idx=1&s_idx=1&kijiid=A1001220131002E003-03-001&version=2013122204
      ☆ 
 にしおひろゆき(45歳)


 球界屈指の熱い応援で知られる阪神タイガース。その中心となる、栄えあるトランペット隊長を務める。1試合30人ほどにもなるトランペッターを指揮する。

 9月21日の対ヤクルト戦。首位の巨人はマジック1で、2位阪神の勝敗が宿敵の優勝に直結する重要な一戦だ。阪神は8回裏に同点に追いつき、胴上げを阻止。西尾さんは人さし指を立てたあと、パッと手を開くしぐさを繰り返した。「1足す5で6。六甲おろしの合図です」。高らかに吹き鳴らされる音色は、ファンの大合唱とともに浜風に溶けた。

 普段は、寺社や仏像の修復、塗装を手がける職人だ。繊細さが求められる「静の顔」と、球場での「動の顔」を持つ。

 中学生で吹奏楽を始め、今も市民楽団に在籍する。大好きな阪神のために吹きたいと、2004年に応援団入り。翌年、腕前を買われ、隊長に抜擢(ばってき)された。今年は、各球団の選抜応援団約10人の一員として、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の日本代表チームの応援で、サンフランシスコに遠征した。

 今まで一番たくさん吹いたのは、昨年引退した金本知憲選手のマーチだ。最後の試合では、「感動ありがとう」と書いた横断幕を左手に、右手にトランペットを握った。涙を流しながら吹いた。

 金本選手と同じ年。応援団には全力で吹き続ける体力が求められる。あの日の涙の理由には、自身の「いつか吹けなくなる日」が重なったこともある。

 1985年を最後に日本一から遠ざかっている阪神は今年、クライマックスシリーズに進む。トランペットの響きが、壁を破る力になればと願う。


 ◆応援は自分の席で

 CSのファーストステージは12日開幕。西尾さんもスタンドに立つ。ただ、「楽器が当たると危ないので、近寄らないで」。自分の座席から、音に合わせて応援してほしいとのこと。(伊豆丸展代)
      ☆ 
仏像の修復・塗装職人をやる一方、市民楽団に在籍し、タイガースの応援団にも加入し、トランペット隊長も務める。
芸は身を助く。芸は人生を豊かにする。
あなたは何をやりますか?そして、私は何をやりましょうか?      
      ☆   
※朝日新聞デジタルが有料化されたのに
 夕刊の連載コラムのアーカイブ化がなくなってしまった。
 有料化してサービス悪化してどないするねん!
連載〈まちの埋蔵文化人〉
  http://digital.asahi.com/article_search/s_list2.html?keyword=%A1%D2%A4%DE%A4%C1%A4%CE%CB%E4%C2%A2%CA%B8%B2%BD%BF%CD%A1%D3&s_title=%CF%A2%BA%DC%A1%D2%A4%DE%A4%C1%A4%CE%CB%E4%C2%A2%CA%B8%B2%BD%BF%CD%A1%D3&rel=1
ラベル:埋蔵文化人
posted by 阿部晋造のBAKA殿様 トホホ劇場 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆる記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック