2016年01月17日

■闘う言論空間を護れ 「安倍政治」のメディア支配 週刊金曜日12月25日(1069)号(1)


  
●緊急座談会 古賀茂明×中野晃一×佐高信 テレビを抑え込む菅義偉官房長官
 次第に強まる安倍政権によるメディアコントロール。
 そんな中、11月中旬、『産経新聞』と『読売新聞』に立て続けに出された「放送法遵守を求める視聴者の会」なる団体の意見広告。
 それは「NEWS23」アンカー・岸井成格さんを狙い撃ちするものだった。
 政府批判がしづらくなりつつある状況について3人が語る。


古賀 安倍政権は誰もが躊躇する最後の一線を越えてる感じですよね。別に今、何か法律が変わったとかいうことがまったくないにもかかわらず、これだけのことができている。逆に言うと、今までの政権も、やろうと思えばできたことかもしれないけど、「さすがにマズい」というのがあったと思うんです。それがこの政権にはありません。
   
古賀 菅さんの攻勢はすごいですよ。昼も夜も時間さえあれば、とにかくテレビに出るようなキャスター、コメンテーター、有識者の人たちとご飯を食べるそうです。
古賀 「今度役所の方でも勉強させたいんで、ぜひお話しをしてください」と持ち上げるんだけど、それをやられた方はほぼ全員寝返ったそうです。民主党のブレーンとか、政治評論家とかいっぱいいるじゃないですか。
 ただ、寝返らなかった人がいて、それが岸井さんだって言うんです。だから、官邸では「岸井っていうのは筋金入りだ」と怖れているそうですよ。
  
佐高 岸井と安倍晋三の個人的なかかわりを言いますと、岸井は安倍晋太郎番でした。そのときに秘書で晋三がいたんです。どうしようもない秘書だったわけですね。岸井はそれをつぶさに見ていた。だから、家庭教師をやっていた平沢勝栄が安倍内閣では絶対に大臣になれないのと同じように、安倍は岸井に対して似たような屈折した感情があるんでしょう。
古賀 安倍さんの幼少期や学生時代が、どういうものだったかっていうのは本当に出てきません。不思議です。
中野 それだけ消したいんでしょうね。
古賀 万一しゃべっている奴がいるなんてなったら、徹底的に抑え込んじゃってるんだろうな。
   
古賀 このまま放っておくと、みんな「安倍さんたちの方が正しいんだ」って勘違いしてしまいます。まず間違っている認識を正すところから始めないと。ただ、批判してるだけだと弱いなって思います。国民運動みたいなのをしっかりやっていかないといけません。

週刊金曜日 2016年 1/1 号 [雑誌] -   週刊金曜日 2016年 1/1 号 [雑誌] -

●官邸はいかにメディアをコントロールしているか  記者を操る首相秘書官 本誌取材班
 安倍政権の支持率が「高止まり」している裏には、首相官邸を司令塔とした巧みなメディア操作がある。
 それを狙っているのは、首相秘書官の今井尚哉氏に他ならない。
 しかも大手メディアは、そうした官邸にすり寄っているのだ。

  
「「今井さん」とは言わずもがな、安倍首相の最側近である今井尚哉首相秘書官(1982年、通商産業省入省)である。」
  
「第二次安倍政権以降、そうした利用の露骨ぶりが際立つようになっている。しかも問題は、メディア関係者が権力と癒着し、延命に力を貸すことに何の躊躇もなくなっている点だろう。
 本来、個々のメディア関係者には政府との適度な距離感や緊張感が求められるのだが、現政権になって、距離感も緊張感もゼロに等しい例が何かと目立つ。その筆頭は、NHKの岩田明子解説委員だろう。」
  
「岩田記者と並んで「安倍首相応援団マスコミ人」の代表格とされる「時事通信」の田崎史郎解説委員は、東京都内の高級寿司店などで安倍首相と会食する常連だが、いくつかの民放ニュース番組を掛け持ちし、コメンテーターとして露骨な政権寄りの発言を連発している。」

「こんなことをやったら欧米では、ジャーナリスト失格と見られます」
「しかも当人たちは無論、会社側も、まずいことをやっているという自覚すらない。当人たちは首相との『パイプ』を誇り、組織内で虎の威を借り存在感を高める。これこそ日本のマスメディアが腐敗している元凶の一つです」
  
「メディアをコントロールしようとする首相と官邸、そして批判精神もないまま、おこぼれをもらう代償に権力者にとって好都合な情報や記事を垂れ流すメディア関係者ー。そのツケが最後に回ってくるのは、この国の民主主義だ。」

週刊金曜日 2016年 1/1 号 [雑誌] -   週刊金曜日 2016年 1/1 号 [雑誌] -
  
●改憲・歴史歪曲を目標に勢力拡大 右派市民活動による言論攻撃 本誌取材班
「日本会議」の役員と重複する言論人・運動家らが、『産経新聞』と連動して数々の団体を立ち上げ、攻勢をかけている。
 彼らの狙いはメディアを沈黙させて多様な意見や事実を封殺し、「戦争ができる国家」に好都合なものにすることにある。
●図解「右派圧力団体」の人脈と相関図 同じ名前ばかり目立つ各役員 本紙取材班

  つまり安倍首相の改憲・歴史歪曲路線を「民間」で支えているのは「日本会議」を筆頭とした右派団体で、意に沿わないと見なしたメディアを徹底的に攻撃する一方、『読売』や『産経』といった政権と一体化している新聞での意見広告といった手段も使って彼らの「精神を日本全体に広めて」いこうとしている。「公権力」と右派団体がこれほどまでに距離を縮めているのは、戦後でも例がない。





    ↑投票お願いします。



【アンケート作成しています。ご協力お願いします。】
   http://blog.with2.net/vote/u/?id=3838
安倍政権の下で、言論の自由が保障されると思いますか?
   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=158368
橋下徹一味は、安倍晋三一味の別動隊・補完勢力だと思いますか?
   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=158166
ラムズフェルドとアーミテージに「旭日大綬章」、支持しますか?
   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=155546
このまま安倍政治が続くと、あなたの生活はどうなっていくと思いますか?
   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=155152
政治家として安倍寛と岸信介のどちらを尊敬しますか?
   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=148429
政治家として翁長雄志と橋下徹のどちらを支持しますか?
   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=148426
日本国憲法についての意見で共感できる意見はどれですか。(複数選択可能です)
   http://blog.with2.net/vote/v/?id=143986
安倍晋三首相を『三国志』登場人物に例えると、誰になるでしょうか。
   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=139608
安倍晋三首相の性格は、危険な独裁者タイプだと思いますか。
   http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=139607
安倍晋三首相は思慮深くて知性あふれる慈悲深い人格者だと思いますか。
    http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=138532
安倍政権に「道徳教育」を云々する資格はあると思いますか?
    http://blog.with2.net/vote/v/?m=v&id=138236


ツイッターやっています。   
相互フォローお願いしますのページ。↓      
   http://anaume101.seesaa.net/article/401851071.html  
posted by アベNO!MAX宣言 at 20:05| Comment(0) | TrackBack(2) | 憲法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432678342
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「逮捕されないから安倍政権は独裁政権ではない」とか言ってるアホバカユデガエルどもよ、ガーディアン記者の爪の垢を煎じて飲め!
Excerpt: abenomaxsengen / ★アベNO!MAX宣言「学生達がデモしても逮捕されないから安倍政権は独裁政権ではない」 などとトンデモ発言した海外在住の自称ジャーナリストwがいましたが、 ガーディア..
Weblog: 独裁日本!アベノーマル劇場(一億総奴隷化社会)
Tracked: 2016-02-21 08:38

「放送法遵守を求める視聴者の会」(小川榮太郎・すぎやまこういちら)の方こそ放送法を曲解した偏向団体!&良識ある媒体を買って応援しよう!
Excerpt: abenomaxsengen / 戦争で死ぬの俺達だ 戦争法死ね「むしろ、おかしいのは中立のふりをして「放送法遵守」を叫びながら、真っ当なマスコミの任務を「偏向報道」などと言って攻撃している「視聴者の..
Weblog: 独裁日本!アベノーマル劇場(一億総奴隷化社会)
Tracked: 2016-04-05 07:41