2024年03月03日

ネットでネトウヨ発言をすると楽していいねがもらえてフォロアーが増えるという【ネトウヨ特権】/週刊金曜日 玉城デニーインタビュー






続きを読む
posted by 民主主義者 at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月02日

諸悪の根源・安倍晋三!安倍1強で自民党は【#不自由非民主党】になった!!/おい岸田!こうなったら諸悪の根源の安倍派をぶっ壊しちゃおーぜ!



「説明責任」は本気? 自民82議員の7割答えず 政倫審アンケート
 https://www.asahi.com/articles/ASS2N744YS2NUTFK00G.html #自民

裏金の説明責任、空念仏 浮かぶ、党の緩い意向確認
朝日新聞社アンケート、拒否・未回答が7割超

 https://www.asahi.com/articles/DA3S15868514.html

>(世の中で当たり前のことが永田町ではできない)その原因は長期化した「安倍1強」とみる。安倍晋三元首相や菅義偉前首相による、批判を抑え込む強権的な政治が続いたことで「議員たちは権力者に『にらまれたらいけない』という感覚が染みついた」。岸田文雄首相は、必ずしも強権的な手法ではないが、「にらみを利かせる権力者がいないのに、多くの議員が『誰かに、にらまれているかもしれない』と思い込んでいる」と分析


諸悪の根源・安倍晋三!
アベノファシズムの跋扈で自民党は【#不自由非民主党】になった!!

  

続きを読む
posted by 民主主義者 at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月01日

おい岸田!こうなったら安倍派と刺し違えろ! 後世に「日本の癌・安倍派と刺し違えた名君」として語り継がれるだろう



岸田首相の政倫審出席は“自爆テロ”で裏目確実
次の展開は森喜朗氏と二階元幹事長の国会招致か

  https://n.bme.jp/68/314/20839/135875

「安倍派の裏金づくりの『起点』になったと指摘されている森喜朗元首相の国会招致にも道を開くことになる。政倫審での安倍派幹部らの答弁で、なぜ裏金づくりが始まったのかの実態解明が進まなければ、森さん招致の理由は成り立ちます。過去に失言を繰り返した森さんが答弁に立てば、大炎上必至でしょう。自民党にはマイナスしかありませんよ」

「総理は今も、裏金事件は安倍派と二階派の問題だと考えているフシがある。しかし、先月も岸田派の解散をブチ上げて裏金事件を『派閥の問題』にスリ替えようとしましたが、世間は『自民党の問題』と受け止め、内閣支持率はガタ落ちした。今回も同じような展開になる可能性が高い。総理は、自分が政倫審に出ることでどんなハレーションが起きるか想像できていないのではないか」(官邸事情通)


おい岸田!こうなったら安倍派と刺し違えろ!
そうすれば後世に「日本の癌・安倍派と刺し違えた名君」
として語り継がれるだろう。


続きを読む
posted by 民主主義者 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月29日

おい岸田!こうなったらもう安倍派と全面対決してぶっ壊せ!!晋三の国葬は取り消し!さらに晋三は逮捕だ!!



裏金「政倫審」ドタバタ見送りは自民党の嫌がらせ?
岸田首相リーダーシップ欠如バレバレ

 https://n.bme.jp/68/314/20822/135875

>(岸田は)煮え切らず、トップとして力強く指示を出すことができない。「火の玉となって自民党の先頭に立ち、信頼回復に努める」はずの岸田首相のリーダーシップ欠如が際立つばかりなのだ。

「こういう時こそ、党総裁として指導力を発揮すれば、評価が少しは上がるかもしれないのに、この調子では、ますます支持率が下がりかねません。自民党内の一部が足を引っ張り、総理を困らせるために嫌がらせをしているようにも見えてしまう。裏金問題で悪者にされた安倍派と二階派には、総理に反感を持っている人も少なくないでしょうからね。岸田派だって元会計責任者が略式起訴されたのに、自分は関係ないような顔をしている総理も悪いのですが……」(自民党閣僚経験者)


おい岸田!こうなったらもう安倍派と全面対決してぶっ壊せ!!
安倍派は取り潰し!
そして晋三の国葬は取り消し!さらに晋三は逮捕だ!!





続きを読む
posted by 民主主義者 at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月28日

バイデンさんそろそろ引退を/自民党が税金を中抜きするので日本は三流国家に転落してしまいました




米大統領選にオバマ夫人ミシェルさん参戦?
バイデン健康不安説で“第3の選択肢”に急浮上

 https://n.bme.jp/68/314/20803/135875

>ただ、問題は火の出どころ。焚きつけているひとりが、トランプ前大統領の盟友といわれるロジャー・ストーン氏だ。

「ロジャー・ストーンといえば、選挙コンサルとしてトランプ陣営に入っていたことで有名です。“トリックスター”と言われる人物で、いわば詐欺師のようなもの。どんな意図があってオバマ夫人の参戦を流布しているのか不明ですし、参戦する可能性はゼロに近いでしょう。バイデン氏が再選した場合、オバマ元大統領が副大統領に起用されるとの話も出ていますが、これも眉唾ものです。バイデン氏に何かあった場合、継承順位はオバマ氏になりますが、米大統領は3期目を禁止されていますからね」

「民主党は、実務能力に不安を抱えるバイデン氏が自ら後進に道を譲るのがベストではないか。『バイデンvsトランプ』の勝敗は見通せませんが、トランプ氏は返り咲いたら数千人もの官僚を入れ替えるといわれています。暴走気味のトランプ氏の周りにイエスマンしかいなかったら、だれも止められません」(春名幹男氏)


若い世代に禅譲してバイデンさんは名誉ある撤退を!


ヘイリーとトランプに見る
「ポピュリズム」「同じ土俵」
  https://anaume101.seesaa.net/article/502479420.html


続きを読む
posted by 民主主義者 at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月27日

萩生田光一も今村洋史もクソ(安倍晋三&統一教会)にたかるハエ!/大阪万博はクソ(カジノ)にたかるハエ!!



萩生田光一氏の“子分”がまた…
自民・今村洋史元議員のいわく付き「陣中見舞い」に地元大迷惑

 https://n.bme.jp/68/314/20782/135875




GGcHscubUAAAQ1X.jpg
  続きを読む
posted by 民主主義者 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月26日

文春が便所紙雑誌やと?おい橋下徹!お前こそ便所紙コメンテーターやないか!!




来月から松本人志と文春の裁判…週刊誌の興亡、この一戦にあり!
 https://n.bme.jp/68/314/20752/135875

>橋下徹元大阪府知事は、文春(2月8日号)の「松本人志問題『私はこう考える』」で、文春に書かれた側は、社会的に抹殺され、最後は命を絶つ場合もあるのだから、書く側には覚悟と責任を意識してもらわないと困る、単なるのぞき見趣味では便所紙雑誌だと語った。

おい橋下徹!言論弾圧常習者のお前が言うな!お前にはそんなこと言う資格がない!!お前こそ便所紙コメンテーターやないか!

>松本人志も権力である。お笑いの世界だけではなく、吉本興業という大芸能プロダクションを実質的に牛耳っているといわれる。その松本が、文春によると、後輩芸人たちに命じて女性たちを集めさせ、「性加害」をしていたというのである。間違いなく世に問う意義のある報道だと、私は思う。




24486.jpg

続きを読む
posted by 民主主義者 at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月25日

ヘイリーとトランプに見る「ポピュリズム」「同じ土俵」/リベラルには日刊ゲンダイの精神が必要だ



なぜ「女性初の大統領」を掲げないのか
トランプ氏に挑むヘイリー氏

 https://www.asahi.com/articles/ASS2P51YWS2LULFA00B.html

ポピュリズムではなく正統派でということか。
しかしトランプはバリバリのポピュリズム戦略である。
同じ土俵に上がらないということだろうが、現実には負けそうだ。
ここが正統派の弱い所だ。
ポピュリズムにはポピュリズムで対抗するしかないのではないか。
つまり、言い方は悪いが、
「同じ低いレベルの土俵に上がって戦って勝つことが必要」
ということである。
これは日本のリベラルにも言えることではないか。



安倍晋三 VS. 日刊ゲンダイ 「強権政治」との10年戦争 (朝日新書) - 小塚 かおる
  安倍晋三 VS. 日刊ゲンダイ 「強権政治」との10年戦争 (朝日新書) - 小塚 かおる


日本のジャーナリズムの最後の砦!
朝日・赤旗・週刊金曜日の上品さも必要だ。
しかしネトウヨと同じ土俵で渡り合うためには日刊ゲンダイのたくましさも必要だ!!
硬軟・真面目とユーモア両方がかみ合って幅広い支持を得られるのではないでしょうか。




続きを読む
posted by 民主主義者 at 09:25| Comment(1) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする