2023年05月31日

おい岸田翔太郎!退職金とボーナス返上せい!このバカ息子めが!!

岸田首相ボンクラ長男秘書官 6.1更迭に“退職金・ボーナス狙い”の憶測…
慌てて火消しの姑息

  https://n.bme.jp/68/314/16565/135875

>どこまでも“過保護”の岸田首相だが、翔太郎氏の交代日が6月1日付なのも怪しい。国家公務員の夏のボーナスの基準日は6月1日だ。基準日まで務めれば満額支給。


翔太郎は更迭!そして安倍は容疑者死亡のまま逮捕だ!!



岸田首相の“バカ息子”翔太郎氏にも国民愚弄のDNA…
由緒ある公邸階段で忘年会「組閣ごっこ」

  https://n.bme.jp/68/314/16575/135875

>15年には安倍元首相が音楽プロデューサーの秋元康氏や幻冬舎社長の見城徹氏ら「アベ友」5人を秘密裏に公邸に招き、西階段で現職の安倍中心に5人が囲んで撮影した“組閣ごっこ”写真が流出。フライデーに報じられた。

>翔太郎氏は岸田首相からしっかり、国民愚弄のDNAを受け継いでいるようだ。




河野太郎大臣マイナカード問題続出で責任転嫁…
ポイント誤付与「報道で知った」のア然

  https://n.bme.jp/68/314/16566/135875

>医療保険のオンライン資格確認を始めていた2385医療機関のうち、実に59.9%もが「トラブルがあった」と回答した。

「現場に責任転嫁したいのでしょうが、カード申請などに対応する自治体は休日を返上したり、人事異動で担当者を増やしたり、苦労を強いられています」


続きを読む
posted by 民主主義者 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年05月30日

もはや創価学会よりも統一教会の方が自民党と親密なのではないか

東京「自公決裂」で菅前首相ニンマリ…
学会けしかけ“解散権封じ”かと自民に疑心暗鬼広がる

  https://n.bme.jp/68/314/16549/135875

「岸田政権を支える主流派は、岸田首相も茂木幹事長も麻生副総裁も公明党との関係が良くない。ここまでこじれたのは、公明党やその支持母体の創価学会とのパイプ役が政権中枢にいないからです。長年、その役割を務めてきたのは二階元幹事長や、第2次安倍政権の官房長官時代から学会幹部と蜜月関係を築いてきた菅前首相ですが」

>焦った岸田首相の周辺からは、「菅前総理が創価学会をけしかけているのではないか」という根拠不明の無責任な発言も聞こえてくる。

「公明側の“最後通告”があまりに早かったので、疑心暗鬼が広がっている。岸田政権を潰したい菅さんが、パイプの太い学会幹部と組んで交渉決裂を仕向けたのではないかと言い出す議員もいます」

「菅さん自身も解散権を行使できずに総理の座から引きずり降ろされた苦い記憶がありますから、解散権封じの怖さはよく分かっているはずです」

>決裂が東京限定の話で済まなくなれば、党内の不安が執行部批判に転じ、岸田首相の求心力が低下するのは確実だ。一方で、公明側と太いパイプを持つ菅前首相の存在感は高まる。願ってもない展開に菅前首相はニンマリしているのではないか


創価学会よりも統一教会の方が自民党と親密なのではないか




西武・山川穂高の強制性交容疑→書類送検で、
全国のホタカさん“風評被害”…複雑な心境語る

  https://n.bme.jp/68/314/16550/135875



続きを読む
posted by 民主主義者 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年05月29日

5月29日(月)のささやかな意思表示

中島岳志氏が1920年代との類似性を指摘
この国は再び「生きづらさ」に起因するテロの時代に

  https://n.bme.jp/68/314/16533/135875

>新自由主義を後押しする自己責任論を解体することが喫緊の課題です。戦後民主主義者が目指した「個人が主体的に、意思を持って選択し、その選択に責任を負う」という人間像は、自己責任論につながっている。過剰な自己責任論を何にでも当てはめようとするから、無理が生じる。人間観の再構築が必要です。




広島サミットは誰の筋書きかが明らかで、核廃絶の先も見えない「夢芝居」だった
 https://n.bme.jp/68/314/16538/135875

>核兵器禁止条約に尽力している被爆者のサーロー節子さんは「自国の核兵器は肯定し、対立する国の核兵器を非難するばかりの発信を被爆地からするのは許されない」と批判している。





続きを読む
posted by 民主主義者 at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年05月27日

自公決裂の原因は萩生田光一だった!/吉田真次は追放!そして安倍は容疑者死亡のまま逮捕だ!!


自公決裂の“戦犯”萩生田政調会長が頑なに…
「太客」の擁立に固執し“自爆”まっしぐら

  https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/323517
>28区を巡り、選挙協力してきた自公双方が独自候補の擁立を譲らず揉めに揉め、結局「ケンカ別れ」となった格好だ。

>その真否は不明だが、どうにも怪しいのは自民都連会長の萩生田政調会長の立場だ。個人的事情を優先させて“自爆”。決裂の原因をつくった可能性がある。

「萩生田さんは頑なな姿勢を崩さなかった。どうしても、自らに近い人物を28区に擁立したいようなのです」(永田町関係者)

「安藤さんは、萩生田さんの選挙区に当たる八王子市で総合病院などを運営する医療法人『永生会』の理事長。地元の名士です。萩生田さんとは親密関係にあり、むげにできないのでしょう」

>つまり、萩生田氏にとって安藤氏は政治活動上の“太客”。だから、擁立に固執するあまり、自公決裂を招いたのだろう。

>「早期解散」説が浮上する中、このままだと「公明票頼み」の都内の自民候補は“討ち死に”必至。落選者続出となれば萩生田氏は“戦犯”のそしりを免れない。



岸田首相「会期末解散」戦略は完全パァ…
東京28区めぐり公明が自民にブチ切れの深刻度

  https://n.bme.jp/68/314/16517/135875

>公明の決定は東京の自民との“関係断絶”に近い。東京では衆院選で自民候補を推薦せず、公明候補の推薦も求めないだけでなく、都議選や東京の首長選、都議会での協力も解消するという。公明の石井幹事長が「東京における信頼関係は地に落ちた」とまで言うのだから尋常ではない。


続きを読む
posted by 民主主義者 at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年05月26日

5月26日(金)のささやかな意思表示




岸田首相「会期末解散」戦略は完全パァ…
東京28区めぐり公明が自民にブチ切れの深刻度

  https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/323579

「20年以上連れ添ってきて夫婦ゲンカはしょっちゅうあったが、今回は妻が実家に帰ってしまった状況。もとのサヤに収まるのか、それとも離婚か。どっちに転んでもおかしくない」(公明関係者)

>公明は協力解消を「東京に限る」としているが、既に自民党内は「全国に波及したらどうするんだ」「都連会長は責任を取るのか」などと戦々恐々だ



岸田首相の“バカ息子”翔太郎氏が受け継ぐDNA
由緒ある公邸階段で「組閣ごっこ」の国民愚弄

  https://n.bme.jp/68/314/16498/135875

>15年には安倍元首相が音楽プロデューサーの秋元康氏や幻冬舎社長の見城徹氏ら「アベ友」5人を秘密裏に公邸に招き、西階段で現職の安倍中心に5人が囲んで撮影した“組閣ごっこ”写真が流出。

>翔太郎氏は岸田首相からしっかり、国民愚弄のDNAを受け継いでいるようだ。



河野太郎デジタル相の“罪”…
「普及ありき」の拙速対応でマイナカード誤登録続出を招いた!

 https://n.bme.jp/68/314/16499/135875

>旗は振れど責任は現場に丸投げ。河野氏たちのいい加減さに、自治体と市民はもっと怒っていい。






続きを読む
posted by 民主主義者 at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年05月25日

「東京28区」巡り自公に亀裂/原発は現代の錬金術 原発に賛成するとおこぼれにあずかれる




「東京28区」巡り大モメ
自公に亀裂で「解散不能」 岸田自民57人“討ち死に”危機

  https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/323458

>連立を組む公明党との間に亀裂が走り、多くの自民党議員が、当落を左右する公明票を失う可能性が大きくなった

「正直、公明票がゼロとなると、当選が危うい候補がゴロゴロいる。『こちらが折れるしかないんじゃないか』という声も上がっています。ヤバいのは、今回のゴタゴタが他の県にも波及することです。公明の支持母体・創価学会は、今回の一件を冷ややかな目で見ているはず。全国レベルで選挙協力が崩れれば、一大事です」

そもそも極右政党の自民や維新・カルト宗教政党の公明党なんかが議席を持っていることがおかしい!
日本国民が真っ当なリテラシー能力を持っていれば自民も維新も公明も当選できないはずである!!




日本原子力発電は“ぼったくりバー”!?
稼働停止なのに1000億円の売り上げで黒字

  https://n.bme.jp/68/314/16483/135875

>経済産業省が値上げの認可に向けて開いた公聴会などでは当然、こうした原電への「対価なき巨額支出」(事情通)を疑問視する声が上がったとされるが、西村康稔経産相は「(原電と)共同開発した原発の人件費や修繕費などだ」と断定。あっさりと原価算入を認めた。

原発は現代の錬金術である。
原発に反対するよりも賛成する方がおこぼれにあずかれる。
#菊池誠 ら原発文化人もおこぼれ頂戴組である。




扶養控除見直しが児童手当拡充の財源に浮上も…
年収300万〜900万円世帯は所得減という愚かさ

  https://n.bme.jp/68/314/16480/135875

>岸田政権の少子化対策は「次元の異なる」の愚かさである。




続きを読む
posted by 民主主義者 at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年05月24日

どうするジャニーズ どうなる家康 #くしぶち万里さんを支持します #懲罰動議に反対します




衆院解散にブレーキ!
足立区議まで「自民7人落選」の惨敗、G7・株高・支持率上昇に水差す

  https://n.bme.jp/68/314/16463/135875

>21日投開票の東京・足立区議選の惨敗に衝撃が走っている。

>自民は19人擁立したが、現職5人、新人2人の7人が落選。選挙前の17議席から5議席減の12議席となり、「区議会第1党」の座から陥落した。

「自民に不満を持つ保守層が、自民より“右”とも言われる維新に流れている。実際、自民の大量落選が目立った東京で、維新の上位当選は珍しくなく、議席を着実に増やしています」(大手メディア関係者)

「このまま総選挙に突入したら、自民は関西で苦戦するだけでなく、首都圏でも維新に苦しめられる可能性がある。保守票を奪い合うことになるのは間違いないでしょう」


自民以上に極右の維新に票が流れているとか。
もはや日本は軍国主義!夢も希望もない!!



ウクライナ復興の巨額費用財源は「増税」か…
日本が払わされるゼレンスキー来日の“対価”

  https://n.bme.jp/68/314/16462/135875

「岸田首相が防衛費倍増を最優先にしているため、本来なら『最重要課題』であるはずの少子化対策の財源さえスッタモンダしている。ウクライナ復興のための巨額費用を拠出する財源だって、同じように迷走しかねない。国民にツケを回すとすれば、東日本大震災の被災地のための復興税のように、時限的な『ウクライナ増税』なんてこともあり得るでしょう」(永田町関係者)



「アナログ庁」と皮肉られ…
マイナンバーと銀行口座ひもづけ誤登録“人為的ミス”に不安の声

 https://n.bme.jp/68/314/16464/135875

自公長期独裁政治によって、
日本は四流衰退国に滑り落ちた!


続きを読む
posted by 民主主義者 at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年05月23日

広島岸ダ!サミット ヒロシマを冒涜/自公維独裁政権「国民の生活より国家の都合」



これじゃあロシアに“宣戦布告”同然だ
岸田サミット あらゆる面で「ヒロシマ」を冒涜(上)

  https://n.bme.jp/68/314/16444/135875

>ある意味で歴史に残るサミットになった。戦争のない平和な世界、そして核兵器廃絶を希求するヒロシマの地で、軍事支援の表明が飛び交い、核兵器の保有も正当化。ほかでもない広島選出の首相があらゆる面でヒロシマを冒涜したと言っていい。

「岸田首相は言うまでもなく、バイデン大統領をはじめとするG7首脳は、誰ひとりとして停戦に向けたグランドデザインを描けていないことがハッキリした。この間、ゼレンスキー大統領が求める武器供与をずるずると受け入れるばかり」

「終わってみたら、何の希望も見いだせない。広島の人々を二重三重に裏切るサミットで、被爆者をとことん政治利用したのが浮き彫りです」



議長国会見でも岸田首相は資料棒読みドッチラケ…
「逃げるのか」にムキになる度量の狭さ

  https://n.bme.jp/68/314/16445/135875

>質疑応答は普段の総理会見と同様、あらかじめ用意した答えをボー読み。手元の資料に目を落としながら答えていた

>わざわざ海外から取材に来た記者はドッチラケ



日本のコロナ対策が迷走した原因は「国民の健康より国家の都合」な厚労省の体質にある
 https://n.bme.jp/68/314/16448/135875

>厚労省の歴史を振り返れば、国民の健康より国家の都合を優先した事例は枚挙にいとまがない

>患者と国家の間で軋轢が生じれば、医師は患者の味方をしなければならない。これはギリシャ・ローマ時代以来のプロフェッショナルとしての責務だ。彼らが、こんなことを言って平気だったのは、国民の権利より国家の都合を優先する内務省以来の価値観が残り、そのことを感染症法などが法的に規定しているからだ。我が国の感染症対策は、国民主権で抜本的に見直さねばならない。


「国民の生活より国家の都合」
これは全ての分野で言えることである。





続きを読む
posted by 民主主義者 at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年05月22日

自公維新のマスゴミ支配と言論弾圧



放送人、政治介入をなぜ語らないのか 元BPO委員・是枝裕和監督に聞く
  https://www.asahi.com/articles/DA3S15638585.html

>実際に自己規制してしまっている。間違っていることを間違っていると言い続けてきた人が番組を外されたり、局を去ったりしたのを何度も見てきた。

>放送行政に対する政治介入があり、脅しがあった。そして放送局はますます萎縮して自己規制する。市民は知る権利を奪われていると考えるべきだと思う。

>放送人もこのままで良いはずがない。攻撃されるのが怖いのだろうけど、権力に煙たがられているうちが花だ。僕は放送界に育ててもらったから、次の世代へのエールとして諦めずに関わりたい。




続きを読む
posted by 民主主義者 at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年05月21日

安倍晋三に始まり今も続く日本社会の深刻な病 諸悪の根源・安倍晋三!!




「単純化」という病 安倍政治が日本に残したもの (朝日新書) - 郷原 信郎
「単純化」という病 安倍政治が日本に残したもの (朝日新書) - 郷原 信郎



続きを読む
posted by 民主主義者 at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする