2023年05月19日

安倍晋三が日本を蝕んで以来、「意義」よりも「金」「目先の儲け」が幅を利かすようになった

「悲惨すぎる」と連載に異論も
ジャンプ編集長が「ゲン」続けた理由

  https://www.asahi.com/articles/ASR5835SMR4DPTIL00F.html #核といのちを考える

「この連載には意義がある。想像できないのか!」
「戦争を体験した長野さんは、それではいけない、と思っていたはずです。『十数本の連載の中で、人気に左右されない作品が1本あっていい。ゲンの連載こそ読者に読んでほしい作品だ』と考えていたと思います。次第に、読者も編集部内も、作品の意義に気づいていきました」


安倍晋三が日本を蝕んで以来、「意義」よりも「金」「目先の儲け」が幅を利かすようになった。
#月刊Hanada #月刊WiLL を始めとしたネトウヨ世論もその流れである。




麻生太郎氏が森喜朗氏でおなじみの地方紙で大放言!
自民のあちこちに“毒”放つオレ様ぶり

  https://n.bme.jp/68/314/16394/135875

「1敗の和歌山1区は、世耕参院幹事長が推した二階派の元職だった。『和歌山は候補者が悪かった』ってことでしょうか。世耕さんと二階さんへの当てつけに聞こえる」

<勢いであれば「新自由クラブ」の方がすごかったですよ><今の維新には圧倒的に求心力のあるリーダーが見えません>

「岸田政権を支える土台は、岸田派、麻生派、茂木派の3派体制です。しかし、茂木幹事長は『次はオレだ』とばかりに『ポスト岸田』への意欲を表に出しすぎるので、麻生さんは不快感を抱いている。<麻生派は引き続き岸田政権を支えます>は、茂木さんに対する牽制なんですかね」


続きを読む
posted by 民主主義者 at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする