2023年05月27日

自公決裂の原因は萩生田光一だった!/吉田真次は追放!そして安倍は容疑者死亡のまま逮捕だ!!


自公決裂の“戦犯”萩生田政調会長が頑なに…
「太客」の擁立に固執し“自爆”まっしぐら

  https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/323517
>28区を巡り、選挙協力してきた自公双方が独自候補の擁立を譲らず揉めに揉め、結局「ケンカ別れ」となった格好だ。

>その真否は不明だが、どうにも怪しいのは自民都連会長の萩生田政調会長の立場だ。個人的事情を優先させて“自爆”。決裂の原因をつくった可能性がある。

「萩生田さんは頑なな姿勢を崩さなかった。どうしても、自らに近い人物を28区に擁立したいようなのです」(永田町関係者)

「安藤さんは、萩生田さんの選挙区に当たる八王子市で総合病院などを運営する医療法人『永生会』の理事長。地元の名士です。萩生田さんとは親密関係にあり、むげにできないのでしょう」

>つまり、萩生田氏にとって安藤氏は政治活動上の“太客”。だから、擁立に固執するあまり、自公決裂を招いたのだろう。

>「早期解散」説が浮上する中、このままだと「公明票頼み」の都内の自民候補は“討ち死に”必至。落選者続出となれば萩生田氏は“戦犯”のそしりを免れない。



岸田首相「会期末解散」戦略は完全パァ…
東京28区めぐり公明が自民にブチ切れの深刻度

  https://n.bme.jp/68/314/16517/135875

>公明の決定は東京の自民との“関係断絶”に近い。東京では衆院選で自民候補を推薦せず、公明候補の推薦も求めないだけでなく、都議選や東京の首長選、都議会での協力も解消するという。公明の石井幹事長が「東京における信頼関係は地に落ちた」とまで言うのだから尋常ではない。


続きを読む
ラベル:萩生田光一
posted by 民主主義者 at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする