2023年06月04日

「台湾有事」は本当にあるのか/哲学教育は何のため?




週刊金曜日 2023年6/2号 [雑誌] - 金曜日
週刊金曜日 2023年6/2号 [雑誌] - 金曜日

週刊金曜日
https://www.kinyobi.co.jp/tokushu/003663.php

■「台湾有事」は本当にあるのか

「台湾有事」がさも起きるかのような言説が日本社会で広がっている。
だが、その言説にはどこまで根拠があるのか。
私たちは今こそ、冷静に見極めなければならない。「台湾有事」を絶対に起こさないために。

●山本恒人・大阪経済大学名誉教授に聞く
聞き手・まとめ/本田 雅和

今や世界経済のトップレベルにある中国は、アメリカ一国支配の世界覇権に対峙するようになったがゆえに米国とこれに追随する勢力から包囲され、「封じ込め戦争」を煽られていると言える。東アジアで平和共存を図るべき日本がこの流れに乗ってしまうことは「本物の戦争」を招来することになる──。


きんようぶんか 哲学教育は何のため?
映画『ぼくたちの哲学教室』のケヴィン・マカリーヴィー校長は語る
「哲学が子どもたちを救う」 中村富美子


きんようアンテナ
奨学金返済免除条件に「出産」、自民党案に抗議の署名 竪場勝司

千代田区再開発、日テレ跡地ビル建設計画めぐり紛糾 竪場勝司

メディアウオッチ
先進7カ国首脳会議(G7)の核軍縮声明
「広島ビジョン」の評価分かれる
「被爆地の願い」に背くと地元紙 臺宏士

コロナ禍で中学生が始めた「川の図書館」4年目の春
自然の中で本を手に取り、おしゃべりも楽しむ 竪場勝司

くらしの泉
【食】
日本の農業を崩壊させる食料安保 
農業の企業化とハイテク化めざす 天笠啓祐

新・買ってはいけない(360)
小さな「コーヒーゼリー」にも
危ない要素はいっぱい 沢木みずほ



続きを読む
posted by 民主主義者 at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする