2023年08月12日

「司馬史観」の是非/百害あって安倍晋三! 諸悪の根源安倍晋三!!



明るい明治描く「司馬史観」、生誕100年で読むべき作品はむしろ…
  https://www.asahi.com/articles/ASR8754W2R84UCVL00F.html

「司馬史観」とは、見えるものは 生誕100年 明るく描く明治、にじみ出る「昭和の暗さ」
  https://www.asahi.com/articles/DA3S15711677.html

>当時はマルクス主義史観に基づく歴史学の時代だった。「ざっくり言えば、日本は遅れた近代国家であり、明治維新は不徹底な革命だったという立場」と成田さん。この歴史観に不満を持ったのが、劇作家の山崎正和や国際政治学者の高坂正堯といった学際的な知識人だった。

>一方で、「司馬自身は『司馬史観』という言葉を嫌っていた。その言葉から離れて、『坂の上の雲』など一部だけでなく、幅広く作品と向き合ってみてはどうか」と提案する。


司馬遼太郎はともかく、自由主義史観のことを思い出すと暗澹たる気分になる



続きを読む
posted by 民主主義者 at 11:04| Comment(1) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする