2023年08月22日

菅義偉ジジイが強行した歪んだ欠陥制度「ふるさと納税」!おいジジイ!即刻引退せい!この老害ジジイめが!! #菅義偉 #ふるさと納税



菅前首相「ふるさと納税」2兆円目標ブチ上げ…
歪んだ制度を“手柄”と勘違いする無知と無神経

  https://n.bme.jp/68/314/17954/135875

>一方で、都市部の自治体は住民税の減少に苦しんでいる。特に地方交付税による“補填”のない東京23区は深刻だ。昨年度の流出額が98億円と東京23区で最大の世田谷区は、老朽化した公共施設の建て替えなどへの影響を懸念している。47.9億円の減収となった杉並区は、ホームページに「ちょっとヘンだぞふるさと納税」という項目を設け、〈区の財源は減り、行政サービスの低下につながります〉〈受益と負担という税制本来の趣旨を逸脱した、地方自治の根幹を破壊するものです〉と訴えている。

>そんな現状でもお構いなしなのが菅前首相だ。2015年の制度拡充で「高所得者が優遇される」と問題点を指摘した総務官僚を左遷させたほど、「ふるさと納税」への思い入れは強い。

「菅さんは無神経のうえ無知。ふるさと納税は『地方発特売プロジェクト』に成り下がっているうえ、税構造をゆがめるさまざまな問題が出ているのを知らないのか。知ってても、自分が始めたメンツから、問題を認めたくないのでしょう。高所得者は行政サービスが低下しても困らないが、ふるさと納税とは無縁で公的サービスに依存している人にはデメリットばかり。こんな制度を『手柄』だと思っていること自体、とんだ勘違いです」









続きを読む
ラベル:経済
posted by 民主主義者 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする