2023年11月26日

野党が消費税減税を公約から外す【八百長プロレス芸】/やはり金と権力がある組織は批判するよりすり寄る方が得になる





立憲民主・泉健太代表の仰天認識
腰抜け野党が「消費税減税」を公約から外すトンチンカン

 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/332379

「時事通信の11月世論調査では消費税減税に賛成が6割。消費税減税を打ち出せば、“増税メガネ”など負担増のイメージが強い岸田政権との差別化が図れるのに立憲は後ろ向きです。これでは支持が広がらないでしょう」(立正大法制研究所特別研究員・浦野広明氏=税法)

>これには党内からも不満が噴出。14日に小沢一郎衆院議員の政策グループが開いた会合では「消費税率を維持するなら自民党と一緒になってしまう」との声が上がった。

>消費税減税を旗印に野党が共闘すれば、与党には大きな脅威となる。しかし、消費税減税を強く訴える共産党の志位委員長まで17日の会見で「(消費税減税は)野党共闘の条件ではない」と立憲に配慮。野党が腰抜けでは、ジリ貧政権もしばらくは安泰だ。


立憲は負け役なのか?
これこそ本当の【#八百長プロレス芸】ではないのか!!






続きを読む
posted by 民主主義者 at 19:25| Comment(1) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする