2024年02月03日

公明党・創価学会ですらドン引き!自民党はもはや極右で軍国主義の政党である!

9784093801232_1_2.jpg




裏金事件のさなか不信感高まり…
自公に「連立解消論」浮上! ブチ上げたのは自民党側

 https://n.bme.jp/68/314/20472/135875

>国際共同開発による防衛装備品の輸出解禁に慎重な公明党への不満が噴出。出席した自民党議員から「連立を解消してでも進めるべきだ」「公明党の理解が得られなくてもやる」といった強硬論が相次いだのだ。

「合同会議は、慎重姿勢を崩さない公明党に文句を言うためにセッティングされたともっぱらだ。非公開で発言者がオープンにならないから、自民党議員は言いたい放題だった。間違いなく禍根を残すだろう」(官邸事情通)

「公明党の支援がなくなれば、次の選挙が危うくなるのは百も承知だ。それでも、輸出解禁を前に進めないと、日本は世界から立ち遅れかねない。公明党に潰されるなんて許されないことだ。合同会議で複数の議員が『連立解消論』をブチ上げると、万雷の拍手が起こっていた。こっちは徹底的にやるつもりだ」


公明党・創価学会ですらドン引き!
自民党はもはや極右で軍国主義の政党である!



続きを読む
posted by 民主主義者 at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする