2013年11月28日

「法案の偽装修正」抗議しデモ 秘密保護法案めぐり

「法案の偽装修正」抗議しデモ 秘密保護法案めぐり 【大阪】
     2013年11月24日 大阪 朝刊 2社会
  http://digital.asahi.com/article_search/detail.html?keyword=%CB%A1%B0%C6%A4%CE%B5%B6%C1%F5%BD%A4%C0%B5&searchcategory=2&from=&to=&MN=default&inf=&sup=&page=1&idx=1&s_idx=1&kijiid=A1001220131124M038-14-014&version=2013112804
 特定秘密保護法案をめぐり、評論家の佐高信さんが23日、大阪市内であった平和シンポジウムでの講演で「与党と野党の修正協議で内容がどんどん悪くなっている。修正ではなく『偽装修正』だ」と批判した。そのうえで「法案が通ったとしても闘いは終わりではない」と述べ、息の長い抗議行動の必要性を訴えた。

 シンポでは「監視と萎縮と恐怖社会をもたらす法案を国会の数の力で強行することは断じて許せない」とする決議文を採択。約450人(主催者発表)がデモ行進し、「廃案にするために国民の声を国会に届けよう」と呼びかけた。
     ☆   
“修正ではなく『偽装修正』だ”
まさにその通り。まるで“大政翼賛会”だ。
「治安維持法」を「大政翼賛会」で強行採決した後は、「大本営発表」か。
posted by 民主主義者 at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 極秘(特定秘密) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック