2013年12月21日

木を見て森を見ず 秘密法とどう向き合う 憲法学者・長谷部恭男

【(今こそ政治を話そう)秘密法とどう向き合う 憲法学者・長谷部恭男さん】
  http://t.asahi.com/diyc

   
長谷部恭男の見解の問題点を一言で言うと。
「木を見て森を見ず」
そのココロは。
「特定秘密法を見て安倍政権の本音と意図を見ず」
専門バカが陥る陥穽。机上の空論。
本気で戦争のできる“美しい国”を目指している安倍政権にはフェアプレイ・是是非非は禁物。
全否定する覚悟で本気で倒閣を目指さねば戦争に巻き込まれることになるでしょう。


まとまったことは書けないけど、私のつぶやきや偶然見かけて共感したリツイートをまとめたものです。
限られた機会に見かけたものだから、網羅しているわけではありません。


 






   
































長谷部恭男(はせべ やすお)
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E8%B0%B7%E9%83%A8%E6%81%AD%E7%94%B7


■【コレぞ、とても笑えない恐るべき日本の現実!・・・<ミイラ捕りのミイラ化/「秘密保護法賛成」の国会・大演説をブチあげた“護憲派代表コト長谷川恭男”的偽装極右化なる怪奇現象>と<ドアホノミクスの超ド級「花見酒経済化」>】
  FBなのでアドレスが長い



        
ツイッターやっています。相互フォローお願いしますのページ。↓
このページの下部に当ブログの簡単な目次があります。↓
  http://anaume101.seesaa.net/article/381619010.html
 
posted by 民主主義者 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 読む・読書会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック