2023年04月22日

小泉純一郎と郵政民営化真理教が定額貯金を盗み取りの国家的犯罪!!郵政民営化詐欺ではないか!!これが民営化の現実だ!!




次女の「誕生記念」15万円が紙くずに 消えた郵便貯金
   https://www.asahi.com/articles/ASR4F5HP7R3LULFA004.html
(けいざい+)消えた郵便貯金:2 「誕生記念」うたっていたのに
   https://www.asahi.com/articles/DA3S15620962.html

おい #小泉純一郎!預けた郵便貯金返しやがれ!!このペテン師めが!!

>郵政民営化法では、民営化前の通常貯金はゆうちょ銀行に引き継がれて民間銀行と同じ取り扱いとなる一方、定額貯金は郵政管理・支援機構に受け継がれ、一定期間後に権利が消える旧郵便貯金法を適用するとしている。

>今年の正月、帰省した次女に貯金証書を手渡した。利息と合わせて倍近くに膨らんでいたはずの貯金証書はいま、苦い思い出がにじむ紙切れと化している。


#小泉純一郎 が主張し マス・ヒステリー状態となった国民が熱狂的に支持した郵政民営化。
その結果がこれだ!!


31年前の郵政相「消滅なくす」約束は守られたか 消えた郵便貯金
 https://www.asahi.com/articles/ASR4F5KL4R3WULFA003.html

「民間と異なる制度を適用するなら、誰もが認識するくらいの大宣伝をすべきだった。預け入れ時に消滅制度を伝えず、貯金証書にも書いていないのは不親切。制度の周知が不十分だったのは結果から見て明らかだ」




これが郵政民営化と自公長期独裁政権の現実だ!
カルト自民信者の皆様、これでいいのですか?目を覚まして下さい!!

  https://anaume101.seesaa.net/article/499074018.html





昭恵夫人まるで厄介者…
甥っ子・岸信千世氏ようやく応援も世襲批判拡大に安倍派ビクビク

 https://n.bme.jp/68/314/16064/135875
「ただでさえ強烈な世襲批判が上がっている。そんな中、元首相夫人である『伯母』に応援に来てもらうというのは、世間にどう受け止められるか……。」





★分断でなく団結を!民主主義と憲法を守ろう!!











【元祖 アベシンゾー伝説】
  https://anaume101.seesaa.net/article/476610915.html
  

人気ブログランキング
    ↑投票お願いします。


【アンケート作成しています。ご協力お願いします。】
    http://blog.with2.net/vote/u/?id=3838
  
安倍晋三は言論弾圧なんかしなかったと思いますか
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=238941
あなたはコオロギを食べたいですか?
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=238814
織田信長は好きですか
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=238813
もともと悪質な自民党の中でもより一層最低最悪な派閥はどれですか(複数選択可)
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=238408
大阪府知事選 誰を支持しますか
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=238300
統一教会と「大昔から関係が深い」人物は愛国者だと思いますか
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=238156
西暦より元号を優先して使用するべきだと思いますか
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=238045
「安倍晋三国際空港」のネーミングに賛成ですか?
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=237958
軍事費(防衛費)の増額に賛成ですか?
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=237652
消費税の増税に賛成ですか
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=236886


ツイッターやっています。   
相互フォローお願いしますのページ。↓      
  https://anaume101.seesaa.net/article/474924943.html

posted by 民主主義者 at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック