2023年09月26日

公明党・創価学会がガンなら自民党や維新はクソ!クソとガンに支配された日本!!



麻生太郎副総裁が公明党を「がん」呼ばわりの大暴言!
自公関係は再び決裂か?

  https://n.bme.jp/68/314/18581/135875

「公明党の一番動かなかった、がんだった、いわゆる山口、石井、北側等々、一番上の人たち、その裏にいる創価学会、そういったものも含めて納得する形になって、公明党に認めさせています」

>公明党の山口代表、石井幹事長、北側副代表の3人に加え、支持母体の創価学会の名前を出したうえで、「がん」呼ばわりしたのである。

「麻生さんの公明ギライは公然の秘密みたいなものではありますが、名指しで『がん』とは、ちょっと放言が過ぎる。せっかく東京で、地に落ちた自公の関係を修復したばかりなのに……」(公明党関係者)

>日本維新の会が大阪・兵庫で公明との選挙協力を解消し、独自候補を立てる。公明が関西での議席減をカバーするには、東京や埼玉、愛知、広島での自民の協力が不可欠だ。一方で、自民は公明票がなければ50人前後が落選危機といわれている。そんな“選挙互助会”が再びガタガタしてきた。


公明党・創価学会がガンなら自民党や維新はクソ!
クソとガンに支配された日本!!






岸田政権「年収130万円超でも扶養2年まで」に漂う“場当たり感”
経済評論家もバッサリ!

  https://n.bme.jp/68/314/18582/135875

「こんな場当たり的な対応では、本質的な問題の解決になり得ません。そもそも、扶養控除を受ける年収上限が必要なのか、扶養控除に頼らないで世帯所得を増やすにはどうすればいいか、政府はきちんと政策を講じるべきです。しかし、いつまで経っても、政府は企業の利益優先で、労働者の利益は後回し。『年収130万円超でも2年までは扶養』なんて、いかにも恩着せがましい。物価高で国民生活は苦しくなっているのだから、物価上昇率分を年収上限に加味してもいいはずです」

「ガソリンや電気、新型コロナ対応にしても、企業を経由した支援がすべからく国民に届いたためしがあったでしょうか。コロナ助成金のように悪用が横行する懸念もあります。企業への助成金を労働者に直接給付した方が、よほど効果的です」(斎藤満氏)


宏池会出身の岸田には少しは期待していたのだが、所詮はクソ(安倍晋三)から生まれたハエだった。










【元祖 アベシンゾー伝説】
  https://anaume101.seesaa.net/article/476610915.html
  

人気ブログランキング
    ↑投票お願いします。


【アンケート作成しています。ご協力お願いします。】
    http://blog.with2.net/vote/u/?id=3838

悪いのは誰ですか
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=241040
保険証のマイナカード一体化に賛成ですか?
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=240449
廃止すべきはどちらですか?
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=240450
松下幸之助と竹中平蔵を尊敬しますか
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=240069
あなたは日本が平和主義を捨て軍事大国になることを望みますか
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=240070
高市早苗は民主主義を尊重する政治家だと思いますか
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=239859
安倍晋三の言論弾圧は民主主義の枠内だったと思いますか
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=239860  
安倍晋三は言論弾圧なんかしなかったと思いますか
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=238941
西暦より元号を優先して使用するべきだと思いますか
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=238045
軍事費(防衛費)の増額に賛成ですか?
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=237652


ツイッターやっています。   
相互フォローお願いしますのページ。↓      
  https://anaume101.seesaa.net/article/474924943.html

ラベル:維新
posted by 民主主義者 at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック