2024年02月28日

バイデンさんそろそろ引退を/自民党が税金を中抜きするので日本は三流国家に転落してしまいました




米大統領選にオバマ夫人ミシェルさん参戦?
バイデン健康不安説で“第3の選択肢”に急浮上

 https://n.bme.jp/68/314/20803/135875

>ただ、問題は火の出どころ。焚きつけているひとりが、トランプ前大統領の盟友といわれるロジャー・ストーン氏だ。

「ロジャー・ストーンといえば、選挙コンサルとしてトランプ陣営に入っていたことで有名です。“トリックスター”と言われる人物で、いわば詐欺師のようなもの。どんな意図があってオバマ夫人の参戦を流布しているのか不明ですし、参戦する可能性はゼロに近いでしょう。バイデン氏が再選した場合、オバマ元大統領が副大統領に起用されるとの話も出ていますが、これも眉唾ものです。バイデン氏に何かあった場合、継承順位はオバマ氏になりますが、米大統領は3期目を禁止されていますからね」

「民主党は、実務能力に不安を抱えるバイデン氏が自ら後進に道を譲るのがベストではないか。『バイデンvsトランプ』の勝敗は見通せませんが、トランプ氏は返り咲いたら数千人もの官僚を入れ替えるといわれています。暴走気味のトランプ氏の周りにイエスマンしかいなかったら、だれも止められません」(春名幹男氏)


若い世代に禅譲してバイデンさんは名誉ある撤退を!


ヘイリーとトランプに見る
「ポピュリズム」「同じ土俵」
  https://anaume101.seesaa.net/article/502479420.html





自民“もう1つの裏金スキーム”
茂木幹事長、棚橋元国家公安委員長「1.3億円」使途不明金の悪辣

 https://n.bme.jp/68/314/20802/135875

>茂木氏は茂木派会長で棚橋氏は麻生派所属。宮腰氏は岸田派に所属していた。派閥に関係なく、多くの自民党議員が同様のスキームに手を染めていてもおかしくない。本当に、手を替え品を替えである。


自民党が税金を私物化して中抜きしているので日本は三流国家に脱落してしまった!!



安倍晋三 VS. 日刊ゲンダイ 「強権政治」との10年戦争 (朝日新書) - 小塚 かおる
  安倍晋三 VS. 日刊ゲンダイ 「強権政治」との10年戦争 (朝日新書) - 小塚 かおる



【元祖 アベシンゾー伝説】
  https://anaume101.seesaa.net/article/476610915.html
  

人気ブログランキング
    ↑投票お願いします。


【アンケート作成しています。ご協力お願いします。】
    http://blog.with2.net/vote/u/?id=3838

松本人志や安倍派議員は無罪だと思いますか
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=243341
自公政権が続いていればこの先大地震が起こっても安心だと思いますか
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=243342
安倍晋三は国葬儀に値する偉大な人物だと思いますか
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=242823
カジノ万博なんかより被災地や地震対策に予算を使えと思いますか
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=242824
消費税減税などしなくても良いと思いますか
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=242725
税金の無駄遣いはどれですか(複数選択可能です)
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=242726
玉砕覚悟で何が何でも大阪万博開催を実現するべきだと思いますか
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=242524
大阪万博開催は日本にとってメリットがあると思いますか
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=242525
将来性があるのはどの党だと思いますか(複数選択可)
  http://blog.with2.net/vote/v/?id=242108
保険証のマイナカード一体化に賛成ですか?
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=240449


ツイッターやっています。   
相互フォローお願いしますのページ。↓      
  https://anaume101.seesaa.net/article/474924943.html

(なお、当ブログはアマゾンアソシエイトを利用していますが
 アソシエイトIDは設定していません。)
posted by 民主主義者 at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック