2024年06月01日

双葉町 不屈の将 井戸川克隆 原発から沈黙の民を守る 日野行介 平凡社 

双葉町 不屈の将 井戸川克隆 原発から沈黙の民を守る
 日野行介 平凡社 2024年

  https://www.heibonsha.co.jp/book/b639195.html
 
原発事故が本当に奪ったものは何だったのか?
『双葉町 不屈の将 井戸川克隆』

  https://book.asahi.com/jinbun/article/15172463

双葉町 不屈の将 井戸川克隆: 原発から沈黙の民を守る - 日野 行介
双葉町 不屈の将 井戸川克隆: 原発から沈黙の民を守る - 日野 行介

なぜわたしは町民を埼玉に避難させたのか 証言者 前双葉町町長 井戸川克隆 - 井戸川克隆, 佐藤 聡(企画・聞き手)
なぜわたしは町民を埼玉に避難させたのか 証言者 前双葉町町長 井戸川克隆 - 井戸川克隆, 佐藤 聡(企画・聞き手)
続きを読む
posted by 民主主義者 at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んで応援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月11日

ヤジと公安警察 青木理/竹信航介/ヤジポイの会・編著 寿郎社




ヤジと公安警察 (寿郎社ブックレット) - 青木理、竹信航介、ヤジポイの会
ヤジと公安警察 (寿郎社ブックレット) - 青木理、竹信航介、ヤジポイの会

ヤジと民主主義 - 北海道放送報道部道警ヤジ排除問題取材班
ヤジと民主主義 - 北海道放送報道部道警ヤジ排除問題取材班


続きを読む
posted by 民主主義者 at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んで応援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(フロントランナー)神戸学院大学教授・上脇博之さん



みなさんから・編集部から
  https://www.asahi.com/articles/DA3S15875206.html

続きを読む
posted by 民主主義者 at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んで応援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月06日

『リベラリズムへの不満』フランシス・フクヤマ 会田弘継訳 新潮社

リベラリズムへの不満 - フランシス・フクヤマ, 会田弘継
リベラリズムへの不満 - フランシス・フクヤマ, 会田弘継



続きを読む
ラベル:リベラリズム
posted by 民主主義者 at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んで応援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ネット右翼になった父』 鈴木大介 講談社現代新書

ネット右翼になった父 (講談社現代新書) - 鈴木大介
ネット右翼になった父 (講談社現代新書) - 鈴木大介





ネット右翼になった父 鈴木 大介
  https://gendai.media/list/books/gendai-shinsho/9784065308899 #現代新書





続きを読む
posted by 民主主義者 at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んで応援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月05日

南海トラフ巨大地震でも原発は大丈夫と言う人々 樋口英明 旬報社

南海トラフ巨大地震でも原発は大丈夫と言う人々 - 樋口 英明
南海トラフ巨大地震でも原発は大丈夫と言う人々 - 樋口 英明



続きを読む
posted by 民主主義者 at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んで応援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「人間革命」の黄昏 段勲 花伝社

「人間革命」の黄昏:創価学会に踊った男の人生 - 段 勲
「人間革命」の黄昏:創価学会に踊った男の人生 - 段 勲



続きを読む
posted by 民主主義者 at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んで応援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月04日

驕る権力、煽るメディア 斎藤貴男 新日本出版社

驕る権力、煽るメディア - 斎藤 貴男
驕る権力、煽るメディア - 斎藤 貴男



続きを読む
posted by 民主主義者 at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んで応援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月18日

権力監視はどこへ メディアと政治を考える+30  藤沢忠明 本の泉社


 

前著『検証 政治とカネ―「政治改革」20年は何だったのか』に続く著者渾身の書。


続きを読む
posted by 民主主義者 at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んで応援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月12日

決して触れてはいけないメディアの三大タブー



森永卓郎さんの覚悟は古賀茂明さんのそれと相似形
胸の中でそっと「I am MORIMAGA」を掲げてみる

 https://n.bme.jp/68/314/21404/135875

「メディアでは、けっして触れてはいけない『タブー』が3つ存在した。1、ジャニーズの性加害 2、財務省のカルト的財政緊縮主義 3、日本航空123便の墜落事件。この3つに関しては、関係者の多くが知っているにもかかわらず、本当のことを言ったら、瞬時にメディアに出られなくなる」

>著者は日本経済転落の理由を、財務省の財政緊縮政策と、日航123便墜落事故に起因する形で日本が経済政策をアメリカ任せにしたことの2つに求めている。その話運びはロジカルなのにスリリング、ゆえに怖ろしくもあった。筆の力!

>多くの読者が抱くであろう諦めに対しても、森永さんは処方箋を用意している。〈あとがき〉には「ジャニーズ問題のときのようにメディアが動いてくれさえすれば、事態は変えられるのではないか」とある


書いてはいけない - 森永 卓郎
書いてはいけない - 森永 卓郎

続きを読む
posted by 民主主義者 at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んで応援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする